« コレクション日本歌人選、刊行情報・第10回を発行[忠岑と躬恒/頓阿/石川啄木] | メイン | 広嶋進氏「俺は、やっている。おまえもやれ」(神奈川大学広報委員会・新入生へのメッセージ 五 師との出会い) »

2012年2月 6日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●中嶋隆著『西鶴に学ぶ 貧者の教訓・富者の知恵』(創元社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

中嶋隆氏よりいただきました。

mb23028m.jpg

中嶋隆著『西鶴に学ぶ 貧者の教訓・富者の知恵』(創元社)

定価(5% 税込)1,575円
2012/01/20
ISBN978-4-422-23028-3
四六判 並製 212頁

版元の公式サイトはこちら

江戸時代の文豪・井原西鶴の作品には、混迷の時代を生きる現代人への貴重な教訓が詰まっている。今、学ぶべきこそは西鶴。しかし、古典講読は容易ではなく、西鶴独自の難解な表現も数多い。そこで、当代気鋭の研究者であり小説家でもある著者が、つとめて平易に、わかりやすく、時に楽しく読み解いて、その核心となる要点を伝える。遠い時代の遠い人々の生きざまが、現代社会の実感をも伴って腑に落ちる、知的好奇心をそそる読み物。

【目次】
はじめに
第一章 金が金を儲ける
第二章 金銀が町人の氏系図
第三章 不況こそチャンス
第四章 商売のコンプライアンス
第五章 人間は欲に手足のついたもの
第六章 貧にては死なれぬもの
第七章 長者に二代なし
第八章 富貴は悪を隠す
第九章 金儲けほど面白きものはなし
おわりに


●グーグル提供広告