木戸雄一「明治期の出版広告と地方の読書」(神田雑学大学)

良質の講座をどんどん繰り出している、神田雑学大学のサイトに、木戸雄一「明治期の出版広告と地方の読書」が掲載されています。
講師プロフィール
木戸雄一
1969年生まれ。新潟県出身。
1998年筑波大学大学院文芸・言語研究科単位取得満期退学。日本近代文学専攻。
人間文化研究機構国文学研究資料館助教を経て現職。
19世紀後半の日本文学を中心に研究。現在は啓蒙期の言説に興味を持ち、書誌学や歴史文書による読者研究の知見なども絡めながら、19世紀後半の日本における言語活動を総合的に探求している。
論文に「明治初期の江差町における書物の流通」「博覧会から議論へ」など。
○公式サイトはこちら。
http://www.kanda-zatsugaku.com/111118/1118.html