« 日本伝統音楽研究センター第32回公開講座・「義太夫節 稀曲の復活」(平成23年12月19日(月)、京都府立文化芸術会館) | メイン | 木戸雄一「明治期の出版広告と地方の読書」(神田雑学大学) »

2011年12月18日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●外国人学習者の日本語誤用例集「寺村誤用例集データベース」の公開を開始しました。(国立国語研究所)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【このたび、国立国語研究所では、日本語教育研究・情報センターで行われている2つの共同研究プロジェクト ― 「多文化共生社会における日本語教育研究」(プロジェクトリーダー 迫田久美子)および「日本語学習者用基本動詞用法ハンドブックの作成」(プロジェクトリーダー プラシャント・パルデシ)― における研究の一環として、我が国の日本語教育研究の礎を築かれた故寺村秀夫教授(1928~1990)が大阪大学で残された最後の仕事の1つである『外国人学習者の日本語誤用例集』(1990)を、先生のご遺族の承諾を得て電子化し、オンラインで公開することになりました。奇しくも、所長の私が、大阪外国語大学時代の恩師である寺村先生のお仕事をこのような形で受け継ぐことができることは、大きな喜びであり、また誇りでもあります。】

●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告