平安貴族の邸宅跡を初特定 藤原良相邸、優雅な庭園も(朝日新聞)

【平安京があった京都市中京区で、平安時代前期(9世紀後半)の貴族の邸宅跡が見つかったと、市埋蔵文化財研究所が8日発表した。出土した墨書土器や当時の絵図などから、右大臣・藤原良相(ふじわらの・よしみ)=813〜867=の邸宅と断定した。特定の平安貴族の居住地を発掘調査で確認できたのは初めて。 】
つづきはこちらから。朝日新聞。