« 三井記念美術館『三井家伝来 能面と能装束 神と幽玄のかたち』(2011.11.23-2012.1.28) | メイン | 馬渕和夫氏(筑波大名誉教授・国語学)死去(産経新聞) »

2011年12月 1日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●七角形、死者弔う石幢 全国初、長野で出土(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【死者をとむらうために墓場などに立てられた様々な卒塔婆(そとば)や石柱。その様子は平安〜鎌倉時代のものとされる絵巻「餓鬼草紙」にも描かれているが、その実態をうかがわせる石柱の一種で、断面七角形の「石幢(せきどう)」が長野市で見つかった。七面のものが確認されたのは全国で初。長野市立博物館の調査で明らかになった。 】
つづきはこちらから。朝日新聞。


●グーグル提供広告