『尾道大学日本文学論叢』第7号 他

尾道大学日本文会さまよりいただきました。
1880-215X-7.jpg
『尾道大学日本文学論叢』第7号
A5判・198ページ・2011.12.31発行
●広島県立大学共同リポジトリはこちら
※「タイトル」をクリックすると一覧が出てきます。7号は未掲載です(2011.12.22現在)
【目次】
講演
チョーサーの『カンタベリー物語』管見/田中逸郎
続・北村透谷『二宮尊徳翁』小考–尊徳言及論の位相–/槇林滉二
解説「旭堂南海さんについて」/藤沢 毅
平成二十二年度 おのみち文学三昧–講談「げんこつ和尚」–/旭堂南海
研究論文
藤原定家の書写活動と『大斎院前の御集』/岸本理恵
忠兼と光俊/藤川功和
文永二年『八月十五夜歌合』に関する基礎的考察/吉井佐織
『復讐奇談安積沼』考–「悪」の面からの再評価–/永岡沙織
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」考–「ジョバンニの切符」から–/白神早紀子
志賀直哉『映山紅』所収作品の本文–「真鶴」他四編の最終稿を求めて–
 /寺杣雅人 安達智美 熊渕沙耶 新宅綾 南堀明希
『史記』孔子世家の「野合」の解釈をめぐって/梶谷知世
発達障害を抱える子どもたちとの向き合い方/進藤愛香
 –『ニトロちゃん みんなと違う、発達障害の私』を取り上げて–
マンガの翻訳からみた日中両語のオノマトペの枠組みの差異について/劉 楊
漁場の地理的環境と漁場特定語彙/灰谷謙二
English education policy in Japan and the core French education policy in Canada for primary education:Comparing Japanese Action Plan with Canadian Action Plan and Plan 2013/Toshiyuki Takagaki