« 上原作和『光源氏物語傳來史』(武蔵野書院) | メイン | 福岡市文学館・企画展「サークル誌の時代―労働者の文学運動1950-60年代福岡」(2011年11月03日 〜 2011年12月11日) »

2011年11月24日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●上原作和 (監修)『マンガでわかる源氏物語』(池田書店)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

上原作和氏よりいただきました。

515fSN6r0ZL._SL500_AA300_.jpg

色好みの貴公子か、天下を狙う野心家か、光源氏の正体に迫る...。艶やかな恋物語にして壮大な歴史フィクション「源氏物語」を読み解く。

出版社: 池田書店
ISBN-13: 978-4262154084

アマゾンで買う!

【目次】

其ノ壱
「光り輝くヒーロー」誕生!
奔放な青春時代

其ノ弐
謀反人に仕立てられて
絶望の浪人時代

其ノ参
大逆転!の政界復帰
政権奪取の闘争時代

其ノ四
もし"普通の女の子"がお姫さまになったら
平安朝の少女小説玉鬘十帖

其ノ五
予言の成就 最高の地位へ
栄華と幸福をきわめた時代

第二部
欠け始める月、栄華の翳り
不信と不幸の凋落時代

第三部
其ノ壱
光が消えて暮れ惑う......
光源氏没後の世界

其ノ弐
もつれあう愛執の罪
あやにくな恋物語宇治十帖


●グーグル提供広告