NR出版会連載企画 書店員の仕事 特別編東北発4「お客様との何気ないやりとりのなかで」(くまざわ書店須賀川店・菅原聡子さん)

書店という、広く「業界の仲間」から語られると、福島で起きていることが、身近に感じられるようになるのが不思議です。
【 それにしても、首から線量計を下げている子どもが店に来るというシチュエーションは想像したことがなかった。体操着に線量計という姿を見たときはそれなりにショックだった。】
つづきはこちらから。