先人の暮らしペン画で、江戸民具街道が記念誌(カナコロ)

【開館15周年を迎えた中井町久所の私設博物館「江戸民具街道」から、記念誌「絵で見る江戸の道具たち」が出版された。江戸時代の照明用具を中心に、収蔵品約200点をイラストで紹介。秋澤達雄館長(81)自身が筆を執り、生活を支えた先人の知恵と工夫をペン画で伝えている。】
つづきはこちらから。カナコロ。