坂口安吾:未発表原稿発見 同人雑誌の意義つづる(毎日新聞)

【「堕落論」などで知られる無頼派作家、坂口安吾(1906~55年)の未発表原稿が見つかった。同人雑誌の意義について原稿用紙3枚につづったエッセーで、その内容から47年秋ごろの執筆と、文芸評論家の七北数人さんは推定する。【内藤麻里子】】
つづきはこちら。毎日新聞。