« 東京古典会創立100周年記念 古典籍展観大入札会(一般公開 2011年11月11日(金)・12日(土)) | メイン | 助川幸逸郎『光源氏になってはいけない』(プレジデント社) »

2011年11月10日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●CiNiiが一部リニューアル。「CiNii Books」と全文検索(Beta)を公開。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

 国立情報学研究所のCiNiiが一部リニューアル、「CiNii Books」と全文検索(Beta)を公開した。

CiNiiによる発表はこちら。
http://ci.nii.ac.jp/info/ja/index_2011.html#20111109

・CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/books/

・全文検索(Beta)
http://ci.nii.ac.jp/

(全文検索のタブをクリックして、検索語を入れる)


■CiNii Books
【全国の大学図書館等が所蔵する本(図書や雑誌等)の情報を検索できるサービスです。国立情報学研究所が運用する目録所在情報サービス(NACSIS- CAT)に蓄積されてきた全国の大学図書館等約1,200館が所蔵する、約1,000万件(のべ1億冊以上)の本の情報や、 約150万件の著者の情報を検索することができます。】とのこと。

なお、これに伴い、国立情報学研究所が提供していた、NACSIS Webcat(総合目録データベースWWW検索サービス)は、平成24(2012)年度末を以てサービスを終了となる。
http://webcat.nii.ac.jp/

CiNii Booksは、特定の地域や図書館に絞り込んだ検索が可能になっていたり、【CiNii Articlesに本文が収録されていれば、リンクをたどり本文まで表示できます。】となっているようだ。CiNii Articlesとは、いままで私たちが使っていたCiNiiの別名である。

■全文検索(Beta)
CiNii Articles に収録している本文PDFの内容を検索する全文検索機能が追加されました。

全文検索(Beta)は、とても面白い。
たとえば、信貴山縁起、で検索すると、以下のようになる。
信貴山縁起で全文検索
で、検索結果を見ればわかるように、あくまでも、CiNiiにPDFが搭載されているものが対象で、機関リポジトリのみだと、検索対象にはならないようだ。
なお、この検索結果はRSSも吐いているので、キーワードを登録して、RSSでチェックする、という使い方もできる。便利っ!

もちろん、公開されていようが、いまいが、論文の価値は変わらない。ですが、今回のリニューアルで、より一層、読まれる論文と読まれない論文の差が生まれるのではないか、と思います。
例えば、日本語学会は、CiNiiに論文を登載していますが、定額アクセス等により、学会の保護を図りつつ、論文の電子化に踏み切っています。他学会についても、ぜひ検討していただきたい、です。

加えて、今回の全文検索は、出版物の全文検索も割と簡単に(といってもいくつもハードルはあるが)可能にできるのではないか、と予感をいだかせるものになっている。先日実証実験をしていた国会図書館と連携すれば......いろいろできるようになるんではないか、とか。

いずれにせよ、大きな一歩になったと思います。学術情報流通史上に於いて。


●グーグル提供広告