「楢山節考」草稿見つかる(読売新聞・山梨)

【県立文学館(甲府市貢川)は、笛吹市出身の作家深沢七郎(1914〜87年)の代表作「楢山節考」の草稿などの寄託を受けた。同館が27日、発表した。開催中の企画展「深沢七郎の文学」で29日から公開される。
 寄託されたのは、楢山節考や「揺れる家」などの小説計4作品の草稿のほか、深沢原作の映画、ラジオドラマの台本など15点。同館によると、寄託者の名前や住所などが明らかにならないことを条件に、今月受け取った。学芸員が深沢直筆の原稿などを基に筆跡を調べ、本物と判断した。】
つづきはこちらから。読売新聞・山梨。