« 福岡市文学館 企画展「サークル誌の時代 労働者の文学運動1950-60年代福岡」(2011年11月3日(木)〜12月11日(日)) | メイン | 『近衛家陽明文庫 王朝和歌文化一千年の伝承』(国文学研究資料館展示目録) »

2011年10月14日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●ツベタナ・クリステワ『心づくしの日本語 ─和歌でよむ古代の思想』(ちくま新書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ツベタナ・クリステワ氏よりいただきました。

4480066268-1.jpg

●出版社の公式サイトはこちら

* シリーズ:ちくま新書
* 定価:903円(税込)
* Cコード:0291
* 整理番号:929
* 刊行日: 2011/10/05
* 判型:新書判
* ページ数:256
* ISBN:978-4-480-06626-8
* JANコード:9784480066268

王朝文学に封印された「こころ」を読み解く。

過ぎ去った日本語は死んではいない。日本人の世界認識の根源には「歌を詠む」という営為がある。王朝文学の言葉を探り、心を重んじる日本語の叡知を甦らせる。


●グーグル提供広告