伊藤善隆著『芭 蕉』[コレクション日本歌人選](笠間書院)

11月11日発売予定です(取次搬入)。
70634_k.jpg
コレクション日本歌人選 034
芭 蕉[伊藤善隆著]
ISBN978-4-305-70634-8 C0092
定価:本体1,200円(税別)
四六判・並製・120ページ
うたの森に、ようこそ。
柿本人麻呂から寺山修司、塚本邦雄まで、日本の代表的歌人の秀歌そのものを、堪能できるように編んだ、初めてのアンソロジー、全六〇冊。「コレクション日本歌人選」の第2期第1回配本、芭 蕉です。
旅に生き、旅に死す。自分の文学を旅の体験によって見出した男。
芭 蕉 Basho
言わずと知れた俳諧の巨匠。近松・西鶴と並んで元禄期の文学を代表する俳人で、『おくのほそ道』を始めとする数々の紀行文を残した。雅と俗を融合した蕉風と呼ばれる新風の俳諧を開き、大きな影響を後世に及ぼした。本コレクションが対象とする歌人からははみ出すが、歌と匹敵する短詩形文学としての俳諧に名を馳せた雄として、あえて本シリーズに収録。その人生と作品に若手研究者が挑戦する。
———–
●シリーズ全体像を説明したPDFはこちら
http://kasamashoin.jp/shoten/kajinsen.pdf
シリーズ特設サイトはこちら
●「コレクション日本歌人選」パンフレット(上記PDF)を無料でお送りいたします。
※こちらのフォームで、「コレクション日本歌人選」パンフレット、希望として、ご請求ください。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
———–
【著者プロフィール】
伊藤善隆 Itoh Yoshitaka
* 1969年東京都生。
* 早稲田大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。
* 現在 湘北短期大学准教授。
* 主要著書
『古典俳文学大系CD–ROM版』(共編・集英社)
『カラー版 芭蕉、蕪村、一茶の世界』(共著・美術出版社)ほか。
———–
■ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-70634-8.html

または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
———–
【目次】
01 月ぞしるべこなたへ入せ旅の宿
02 うかれける人や初瀬の山桜
03 きてもみよ甚べが羽織花ごろも
04 天秤や京江戸かけて千代の春
05 あら何ともなや昨日は過ぎてふくと汁
06 かびたんも蹲ばはせけり君が春
07 枯れ枝に烏のとまりたるや秋の暮
08 櫓の声波ヲうつて腸氷ル夜や涙
09 芭蕉野分して盥に雨をきく夜かな
10 世に経るもさらに宗祇の宿りかな
11 花にうき世我酒白く食黒し
12 野ざらしを心に風のしむ身かな
13 猿を聞人捨子に秋の風いかに
14 道のべの木槿は馬にくはれけり
15 あけぼのや白魚しろきこと一寸
16 狂句こがらしの身は竹斎に似たるかな
17 海暮れて鴨の声ほのかに白し
18 春なれや名もなき山の薄霞
19 梅白し昨日や鶴を盗まれし
20 山路来て何やらゆかしすみれ草
21 夏衣いまだ虱を取りつくさず
22 古池や蛙飛びこむ水の音
23 花の雲鐘は上野か浅草か
24 五月雨に鳰の浮巣を見にゆかむ
25 朝顔は下手の描くさへ哀れなり
26 月はやし梢は雨を持ちながら
27 旅人とわが名呼ばれん初時雨
28 何の木の花とは知らず匂ひかな
29 春の夜や籠り人ゆかし堂の隅
30 雲雀より空にやすらふ峠かな
31 蛸壺やはかなき夢を夏の月
32 おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな
33 俤や姨ひとり泣く月の友
34 行く春や鳥啼き魚の目は泪
35 夏草や兵どもが夢の跡
36 閑さや岩にしみ入る蝉の声
37 五月雨をあつめて早し最上川
38 蛤のふたみに分かれ行く秋ぞ
39 初しぐれ猿も小蓑をほしげなり
40 薦を着て誰人ゐます花の春
41 まづ頼む椎の木もあり夏木立
42 病雁の夜寒に落ちて旅寝かな
43 都出でて神も旅寝の日数かな
44 鶯や餅に糞する椽の先
45 朝顔や昼は鎖おろす門の垣
46 梅が香にのつと日の出る山路かな
47 麦の穂を便りにつかむ別れかな
48 数ならぬ身とな思ひそ玉祭り
49 秋深き隣りは何をする人ぞ
50 旅に病んで夢は枯野をかけめぐる
俳人略伝 
略年譜 
解説「俳諧史における芭蕉の位置」(伊藤善隆) 
読書案内
【付録エッセイ】「や」についての考察(山本健吉)