田中ゆかり著『「方言コスプレ」の時代 ニセ関西弁から龍馬語まで』(岩波書店)

田中ゆかり氏よりいただきました。
田中ゆかり著『「方言コスプレ」の時代 ニセ関西弁から龍馬語まで』が、2011年9月29日に岩波書店より刊行されました。
00-024870-9.jpg
●公式サイトはこちら
■体裁=四六判・上製・カバー・294頁
■定価 2,940円(本体 2,800円 + 税5%)
■2011年9月29日
■ISBN978-4-00-024870-9 C0081
関西人でもないのに「なんでやねん」とつっこむ.九州人でもないのに「お引き受けしたでごわす」と男らしく受け止める──こんな方言コスプレが旬の話題となって久しい.方言の価値の変遷,小説・マンガ・TVドラマなど創作物における方言イメージの蓄積と流通.意識調査とコンテンツ分析から,日本語社会のいまを読み解く.
岩波書店公式サイトのトップページにCM動画が掲載されています。