日本大学大学院国文学専攻論集・第8号

日本大学大学院さまからいただきました。
1349-5305-8.jpg
日本大学大学院国文学専攻論集・第8号
A5判・並製・76ページ・非売品
2011.10.15
【目次】
〈論文〉
離れゆく語り手–『ぼんち』に見る小説表現の模索–●鈴木鷹理
「女神神聖」という虚構–谷崎潤一郎『女人神聖』と『婦人公論』●堀本嘉子
「怪物」の戦後史–青春小説としての『日本アパッチ族』●渡部 敦
〈資料紹介〉
四天王寺国際仏教大学恩頼堂文庫蔵『筆体口伝』●金子 馨
〈共同研究〉
中野重治『汽車の罐焚き』を読む–文体・鉄道・ジェンダー–●石川 聡
 是光晧平・鈴木鷹理・服部美加里・堀本嘉子・渡部 敦
●発行所
〒156-8550
東京都世田谷区桜上水3-25-40
日本大学大学院文学研究科国文学専攻