« 森一郎・岩佐美代子・坂本共展編『源氏物語の展望 第十輯』(三弥井書店) | メイン | 福岡市文学館 企画展「サークル誌の時代 労働者の文学運動1950-60年代福岡」(2011年11月3日(木)〜12月11日(日)) »

2011年10月14日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●橋口侯之介著『江戸の本屋と本づくり 続 和本入門』(平凡社ライブラリー747)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

橋口侯之介氏よりいただきました。

582-76747-6.jpg

●公式サイトはこちら

江戸の本屋と本づくり 続 和本入門
(平凡社ライブラリー 747)

橋口侯之介=著

定価:1470 円(本体:1400 円)  HL判  300頁  2011.10
ISBN978-4-582-76747-6 C0300 NDC分類番号 020.21

書物好きの日本人はどのように形成されたか。多量に本がつくられ売買された京都・江戸の本づくりの様子から、和本を通して日本人の書物観を探る。大好評の『和本入門』続編。解説=宮下志朗


●グーグル提供広告