« 染谷智幸「21世紀、東アジア圏の文学研究用語は? 外国語・IT・漢字漢文」(小社刊・『西鶴と浮世草子研究 第五号』より再掲載) | メイン | 第二次「関根賞」第六回選考結果のお知らせと推薦のお願い(「関根賞」運営委員会) »

2011年8月18日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●倉員正江「人文科学系研究メディアの未来にむけて」(小社刊・『西鶴と浮世草子研究 第五号』より再掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ぎょうせい刊『国文学 解釈と鑑賞』の休刊が明らかとなりました。2年前の学燈社の『国文学』の休刊もあり、小社にとっても、気勢をそがれるニュースで、がっくりきます。が、それらの事象から、衰退・終焉などというキーワードを導き出して、単純化してしまうのも、違う気がします。問題点を整理して、炙り出し、それぞれがそれぞれの立場で、正しいと考えた方向に向かって、それぞれの決意とともに前進していくべきではないか。

小社では先日刊行した、原道生・河合眞澄・倉員正江編『西鶴と浮世草子研究 第五号 特集[芸能]』 で、「研究誌、あるいは研究メディアの未来」という特集を組みました。そこには、以下のような惹句を用い、ページを構成いたしました。

-------
『西鶴と浮世草子研究』は、本号で終刊となる。
本誌刊行中に、学燈社の『国文学』が休刊し、昨年はぺりかん社の『江戸文学』も休刊してしまった。
状況は、悪化しているのだろうか。
これから研究は、研究誌は、どうデザインしていけばいいのだろうか。
未来に向けて、議論のたたき台とすべく、幅広く問題点を炙り出し多くの人間で共有したい。
-------

そんな編集部の投げかけに応えてくださり、ご執筆いただいた方の原稿を、再掲載していきたいと思います。第5回目は、倉員正江氏です。

※第1回は飯倉洋一「逆境こそチャンス」でした。URLは以下。
http://kasamashoin.jp/2011/08/post_1961.html

第2回は川平敏文「学会、研究誌のゆくえ」でした。URLは以下。
http://kasamashoin.jp/2011/08/post_1963.html

第3回は木越治「私たちは、本を「自炊」できるだろうか?」でした。URLは以下。
http://kasamashoin.jp/2011/08/post_1968.html

第4回は染谷智幸「21世紀、東アジア圏の文学研究用語は? 外国語・IT・漢字漢文」でした。URLは以下。
http://kasamashoin.jp/2011/08/21it.html

あと、原道生・河合眞澄・倉員正江編『西鶴と浮世草子研究 第五号 特集[芸能]』も、よろしければ、お買い求め下さい。

--------------

人文科学系研究メディアの未来にむけて

倉員正江


 『西鶴と浮世草子研究』は西鶴研究会と浮世草子研究会のメンバーが中心となって企画発刊に至った。『リポート笠間』47(二〇〇六・十一)の【特集】「西鶴と浮世草子研究」をお読みになった読者諸賢は察知されたであろうが、熱心なのはどちらかと言えば西鶴研究会側であった。研究成果を一般に還元しやすいのはやはり西鶴、ということでもあろう。気合の入り方が違っていた。

 私事ながら私は理科系学部の一般教養専任講師に公募で採用され、十年後教授に昇格した。採用時三十九歳だったこともあるが「あなたも苦労したね、日大も引っ張るよな」と亡き指導教授は同情して下さった。お心遣いには感謝するが、本学部の審査基準に照らし順調に昇格した結果に過ぎない。

 理科系の場合、日本学術会議に登録された協力学術研究団体の学会誌に発表した論文数が業績評価の基準となる。また国内外を含め学術雑誌はインパクトファクター(IF)に応じて評価される。論文の被引用回数を示す指標である。こうした基準自体を一概に否定する意図はない。多少の矛盾を含むとしても、何らかの国際的な指標として必要であろう。IFは人文科学系では現在のところほぼ無縁であるが、学術会議登録学会誌にしても、近世文学関係では『近世文藝』『連歌俳諧研究』等かなり限定される。学内学会誌や大学紀要は査読誌であっても一段低い扱いになり、同人誌や商業誌は「その他」扱いとなる。単著も同様である。人文系研究の実態にそぐわないこと甚だしく、実際に本学部でも文系教員が声を上げ続けた結果、研究分野別の評価基準が浸透してきた。学内の話ではあるが、人文系の立場を主張することは大切だと実感した。また本学部では個人研究費は学術論文数と科研費等外部の競争的研究資金獲得額に応じて傾斜配分される。こうした現実、特に発表誌の性格で業績評価が左右される面があることを、今後専任職を目指す若手研究者は理解しておく必要がある。そうでないと想定外の不利益を被りかねない場合も出来する。ただし本務校で評価される業績作りを心掛けて走り続けたのは、結構私の性に合っていたかとは今では思っているが。

 一方で以前『リポート笠間』50(二〇〇九・十一)でも伊井春樹氏へのインタビュー記事で言及された文部科学省審議会報告「人文学及び社会科学の振興について」では「学問と社会との「対話」」や「市民的教養との架橋」などという表現が並ぶ。ここにある種の矛盾を感じざるを得ないのであって、文科省の求める研究の社会的還元が、研究者としての業績評価に結びつかない実態がある。

 我々も手をこまねいているわけにはいかない。前述記事内で伊井氏が「一般的な啓蒙書と研究書と両方ある」旨発言され、このこと自体は目新しいことではなく至極当然ではあるが、結局は情報発信の方法をどう広げていくかに帰結するであろう。笠間書院のウェブサイトや個人のブログなどもその一つである。実際に拙稿掲載誌が以前電子ジャーナルとしても公開されたことがきっかけで、去秋台湾大学で開催された「東亜文明の発展と朱舜水」と題する国際シンポジウムへの招待状が大学宛に届き、発表する機会を得たのは光栄であった。海外で発表するのは初めてで、朱舜水についてとは我ながら意外であったが、これも〝ウェブ効果〟と言えよう。英文要旨(文字通りの拙文ながら)が付されていたのも奏功したかと思う。

 近世文学研究で言えば『近世文藝』は全国学会誌としての権威を保ってよいと思う。それとは別に、例えば笠間書院が学会誌『西行学』を刊行する「西行学会」のあり方は--これも従来からある方法ではあるが--今後に期待したい。複数の編集委員を任命し査読誌であることを明記して、従来の学会誌にない多様な企画を可能にする。若手研究者が業績評価を勘案して投稿を躊躇するようでは、雑誌の将来性が見込めないし、投稿を慫慂しにくい。若手研究者の評価に繋がる発表誌として機能させることが大切で、これは我々世代の努力に拠るところが大きいと言えよう。

 私自身『西鶴と浮世草子研究』第5号の編集に携わり、正直なところ、時に「ウチの大学じゃ業績評価されない仕事だ」と思いつつも、認識を新たにする点も多かった。『西鶴と浮世草子研究』全体の評価については今後を俟つべきであり、批判を受け止める覚悟は当然ながら関係者には皆あるであろう。それでも近世中期の都市文化の諸相を照射したシリーズとして、意欲的な試みであったと自負するものである。反省点を生かして、学術雑誌の今後の可能性を探ることは悪いことではない。現状を座視できないとは思いつつ、誰も明確な答えを持っているとは言いがたいのも現実であろう。それを自覚した上で、編集者の方々と情報交換しながら、有意義な企画を出していけたら幸いである。


●グーグル提供広告