終戦の日「力足らず、死に値す」 火野葦平のメモ発見(朝日新聞)

【「麦と兵隊」などで知られる作家の火野葦平(あしへい)が、終戦日とその前後に手帳に記したメモが見つかった。敗戦を悲しみ、自らを責める様子が伝わる。前日に報道統制に関する記述も残り、葦平の戦争観を知る貴重な資料になりそうだ。 】つづきはこちらから。朝日新聞