« 「出版ニュース」(2011.8月中旬号)で、井上泰至・金時徳『秀吉の対外戦争:変容する語りとイメージ--前近代日朝の言説空間』が紹介されました | メイン | 川平敏文「学会、研究誌のゆくえ」(小社刊・『西鶴と浮世草子研究 第五号』より再掲載) »

2011年8月12日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『櫻の森通信 櫻の森塾◎第50回/記念講座 文学が人生に相渉る時〜佐藤泰正◎文学逍遥75年を語る〜』

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

佐藤泰正氏よりいただきました。

sakura2011s.jpg

『櫻の森通信 櫻の森塾◎第50回/記念講座
文学が人生に相渉る時〜佐藤泰正◎文学逍遥75年を語る〜』

2011.6.30発行
発行元:櫻の森通信社
A5判・84頁・定価500円

【目次】
1、十六歳のドストエフスキイ
2、早稲田にて
3、衝撃のドストエフスキイ
4、志村ふくみさんとドストエフスキイ
5、ドストエフスキイと日本の文学者たち
6、文学は〈人間学〉
7、狭間に生きる
8、漱石との遅い出会い
9、大学院開設のとき
10、磯田光一という人
11、三島由紀夫とドン・キホーテ
12、磯田さんと芥川・小林
13、知的放蕩の学生時代
14、同人誌そして戦争
15、わたしたちのアイデンティティ
16、〈余生〉として
17、私学は志学として
18、「パノンの会」そして始めての著作
19、大学を卒業して
20、終戦そして梅光の復興
21、教育の原点を求めて
22、村上春樹の〈志〉
23、中原中也賞と川上未映子
24、吉本隆明さん
25、大岡昇平さん
26、遠藤周作さん
27、人生に相渉るとは何の謂いぞ
28、神と文学の間で

●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告