« 國學院大學大学院 文学研究科論集 第38号 | メイン | 大槻福子『『夜の寝覚』の構造と方法 平安後期から中世への展開』(笠間書院) »

2011年7月21日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●井上泰至著『子規の内なる江戸 俳句革新というドラマ』(角川学芸出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

井上泰至氏よりいただきました。

04-652389-1.jpg

●公式サイトはこちら

子規の内なる江戸 俳句革新というドラマ
著者:井上泰至  
定価(税込5%):2500円
四六判
ISBN:978-4-04-652389-1
「新しい」文学を生み出す「力」とは何か。俳句革新の裏面を読み解く。

子規による俳句革新は、江戸時代260年の土台の上に花開いた。「革新」のドラマは、その裏面である、子規の内なる「江戸」を知ってこそ、真にドラマチックなものであったことが知れる。


●グーグル提供広告