« 「学習院大生による『白樺』同人」展(平成23年7月10日(日)~9月15日(木)、としまふれあい交流サロン) | メイン | ノートルダム清心女子大学・リレーエッセイ【第93回】日本の近代文学と宗教(綾目広治) »

2011年7月 4日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国立能楽堂で「影媛」 馬場あき子が14年ぶり新作能(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【東京・千駄ケ谷の国立能楽堂が7月29、30の両日、新作能「影媛(かげひめ)」(梅若玄祥(げんしょう)演出、村上湛補綴(たたうほてつ))を上演する。歌人で中世文学に造詣の深い馬場あき子(83)が、日本書紀に書かれた影媛伝説をもとに、「伝統芸に活力を与える」と14年ぶりに新作に取り組む。】(産経新聞 7月2日(土)7時55分配信)

●続きはこちら


●グーグル提供広告