« 朝日新聞(2011.6.14、西日本版)で、佐藤泰正編『三島由紀夫を読む』が紹介されました | メイン | 井上泰至著『子規の内なる江戸 俳句革新というドラマ』(角川学芸出版) »

2011年7月21日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●國學院大學大学院 文学研究科論集 第38号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

國學院大學大学院文学研究科学生会さまよりいただきました。

0287-4725-38.jpg

國學院大學大学院 文学研究科論集 第38号
A5判・並製・92頁、付英文タイトル
2010年3月発行
編集●國學院大學大学院文学研究科論集編集委員会
発行●國學院大學大学院文学研究科学生会

【目次】

額田王と春秋競憐歌--「しのふ」、「なげく」、「うらめし」の語を焦点に--
●大井美紗子

メドゥーサと伊耶那美の比較研究試論
●ルカ・カッポンチェッリ

紫の上の「亥の子餅」--逸脱の三日夜儀礼--
●森 多佳江

福田恆存「小林秀雄」論--「誠実」を見出すこと--
●長谷川雅美

国語教科書における『源氏物語』の採録状況
--戦後の高等学校「古典」の教科書を中心として--
●前川晴菜

明治期日本文典における助詞の扱い--名称・範囲・下位分類--
●浜口直也


●グーグル提供広告