« 『目録学の構築と古典学の再生 天皇家・公家文庫の実態復原と伝統的知識体系の解明 研究成果報告書(2009~2010年度)』本冊・別冊 | メイン | 第9回 対照言語行動学研究会(2011年7月30日(土)、青山学院大学(青山キャンパス)) »

2011年6月29日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●橋口侯之介『和本への招待 日本人と書物の歴史』(角川学芸出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

橋口侯之介氏よりいただきました。

04-703492-1.jpg

●公式サイトはこちら

和本への招待 日本人と書物の歴史

『源氏物語』がなぜ、今も読めるのか? 千年を超える壮大な和本の物語!

[ 著者 ]
橋口侯之介

[ 内容 ]
平安時代の物語がなぜ、今も読めるのか? 千三百年にわたる書物の歴史を辿り、素材や装訂から写本の手法、本屋事情まで、和本の見方と尽きせぬ魅力を紹介。手にとって愉しめる伝統文化、和本の世界に出会う案内書!

発売日:2011年 06月 25日
定価(税込): 1680円
四六判
ISBN 978-4-04-703492-1-C0395
発行元:角川学芸出版


●グーグル提供広告