〈はじめての方丈記〉中世襲った災害 的確にルポ(朝日新聞)

【「ゆく河の流れは絶えずして……」。で、続きは何だっけ? 書き出しだけは有名な鴨長明の「方丈記」。無常感漂う随筆だ。目立つ記述は地震、竜巻、火事、飢饉(ききん)。大震災後の日本に、ゆくりなくも染み渡ってくる。 】つづきはこちらから。朝日新聞