横浜市金沢区の直木三十五旧宅が今月末に取り壊しへ/神奈川:ローカルニュース : ニュース : カナロコ

【直木賞にその名を残す作家、直木三十五(1891~1934年)が最晩年に暮らした横浜市金沢区の旧宅が、今月末にも取り壊されることになった。7年近くにわたり空き家状態で、老朽化が進んだため。時を経てたたずまいは古びたが、造作のそこここに直木のこだわりが見て取れる。】つづきはこちらから。神奈川新聞社