« 『日本古書通信 2011年6月号』(日本古書通信社) | メイン | 杉本文楽関連講座第二弾!「浄瑠璃本をよむ」開催!【講師】神津武男氏(第1回 7月10日(日)・ 第2回 8月7日(日)、いずれも神奈川芸術劇場) »

2011年6月17日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●塩谷菊美著『語られた親鸞』(法蔵館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

塩谷菊美氏よりいただきました。

9784831860620.jpg

語られた親鸞
塩谷菊美著

四六判 315頁 2011.04 978-4-8318-6062-0 法蔵館 税込3150円

Amazonで買う!
 
数多くの「親鸞伝」はどのように作られ、読まれてきたのか。国文学の立場から、史実を伝えるものではなく、信者の思いや真宗の教えを伝える物語としての親鸞伝を読み解く力作。
 
目次:
第一章 物語型の教義書
第二章 「正しい解釈」の追求
第三章 物語不在の時代
第四章 真宗流メディアミックス
第五章 「東国の親鸞」の発見
第六章 読本から近代史学へ
あとがき


●グーグル提供広告