土方歳三辞世に新説「鉾とりて月見るごとに…」(読売新聞)

【新撰組副長・土方歳三(1835〜69)と最後まで行動を共にした隊士・島田魁(かい)(1828〜1900)がまとめたとされる和歌集の巻頭歌が、土方の辞世と考えられるとの説を、幕末研究で知られる霊山(りょうぜん)歴史館(京都市)の木村幸比古・学芸課長が打ち出した。】つづきはこちらから。読売新聞