« 派手だった信長像、秀吉が地味に?調査で判明(読売新聞) | メイン | 説話文学会平成23年度6月大会・テーマ「地域と説話 和歌・修験・歴史」(2011年6月25〜27日、新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」) »

2011年6月 7日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●まずは前提を疑う(仮 定 さ れ た 有 機 交 流 電 燈)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【大震災後、研究者の仲間うちでいちばん耳にしたのは、「後からみたら、時代の転換する大きな画期となる出来事かもしれませんね」という発言である。4月5日付Ustreamでの鼎談を単行本化した『大津波と原発』のまえがきでも、中沢新一氏が、「今回の出来事をきっかけとして、日本人が大きく変わっていくだろうということ、また変わっていかなければならないということについて、私たちは認識を共有していた」と述べている。しかし、本当にそうだろうか。】
とても考えさせられるテキストです。面白いので是非。
●まずは前提を疑う(仮 定 さ れ た 有 機 交 流 電 燈)
http://blog.goo.ne.jp/khojo0761/e/708dc1712cc5e083ba705847792fcb13


●グーグル提供広告