内田百けん「ノラや」●愛猫「三味線に」酔って電話 独文学者、告白書簡(朝日新聞)

【猫を愛した作家内田百けん(けんは門構えに月、1889〜1971)の愛猫ノラが行方不明になったとき、「今頃は三味線の胴で突っ張っていらあ」と酔っぱらって電話してしまいました—-百けんと親しかったドイツ文学者でゲーテの翻訳などで知られる高橋義孝(1913〜95)が友人に告白した書簡が、見つかった。百けんの哀切な随筆「ノラや」にも登場するエピソードの裏話だ。 】
つづきはこちらから。朝日新聞