« 井伏鱒二 晩年の手紙見つかる 原発告発 掲載へ尽力(東京新聞) | メイン | 復元国絵図公開・研究発表会(2011年7月5日(火曜日)、東京大学福武ホール地下1階大会議室) »

2011年6月 3日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●中上健次、最後の長編 「軽蔑」が映画に 破滅へ疾走する純愛 歌舞伎町の遊び人と踊り子(東京新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【芥川賞作家・中上健次さんの小説「軽蔑」が映画化され、六月四日から角川シネマ有楽町などで公開される。一九九二年、四十六歳の若さで亡くなった中上最後の長編小説で、ヌーベルバーグといった一九五〇〜六〇年代の映画の雰囲気をにじませながら、破滅に向かう純愛を描いている。(小田克也)】つづきはこちらから。東京新聞


●グーグル提供広告