中上健次、最後の長編 「軽蔑」が映画に 破滅へ疾走する純愛 歌舞伎町の遊び人と踊り子(東京新聞)

【芥川賞作家・中上健次さんの小説「軽蔑」が映画化され、六月四日から角川シネマ有楽町などで公開される。一九九二年、四十六歳の若さで亡くなった中上最後の長編小説で、ヌーベルバーグといった一九五〇〜六〇年代の映画の雰囲気をにじませながら、破滅に向かう純愛を描いている。(小田克也)】つづきはこちらから。東京新聞