« カタルーニャ国際賞の授賞式で行った、村上春樹さんのスピーチ要旨(東京新聞) | メイン | 西尾市岩瀬文庫 企画展「悪 --ワル-- 〜資料に書き残された悪いひと〜」(2011年6月18日(土)~8月28日(日)) »

2011年6月10日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●白百合女子大学言語・文学研究センター編『白百合で学ぶフランス文学 アウリオン叢書 別冊01』(弘学社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

白百合女子大学言語・文学研究センターさまよりいただきました。

902964-71-4.jpg

白百合で学ぶフランス文学 アウリオン叢書 別冊01

白百合女子大学言語・文学研究センター編
海老根龍介、福田耕介責任編集 

ISBN978-4-902964-71-4
C0395
定価*本体1,000円
発行所・弘学社

【目次】

序章 文学研究をめぐる座談会
 もう一つの読み方へ/越 森彦

第1章 中世の作品を詠む
 故きを温ね、新しきを....../篠田勝英

第2章 歴史的背景を考えて読む
 19世紀、孤児(みなしご)たちの物語
 --ユゴーからヴェルレーヌまで--/辻川慶子

第3章 詩を読む
プレヴェールの「朝の食事」とアポリネールの「ミラボー橋」
/海老根龍介

第4章 小説を読む
 作品の構成に注意して、フランソワ・モーリヤック『テレーズ・デスケルー』を読んでみよう/福田耕介

第5章 演劇を体験する
 マリヴォー喜劇『恋のサプライズ2』に触れてみる/酒井三喜


●グーグル提供広告