« 万葉集首都圏シンポジウム『大和と越 --大伴家持の歌心をめぐって--』(2011年7月10日(日)、ル テアトル銀座) | メイン | 太田記念美術館が、紀要を創刊。『浮世絵研究 第1号』(平成23年3月刊)。 »

2011年5月27日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●「兼見卿記(かねみきょうき)」という文書●若狭湾の津波、調査検討=古文書に被害の記述−関電(時事通信)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【京都の神社に伝わる「兼見卿記(かねみきょうき)」という文書には、1586年に起きた「天正大地震」で、家が流され多くの死者が出たという記録が残されていた。ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスが書いた「日本史」にも、同地震の記述の中に津波被害が記されているという。
 関電は文献の内容を把握していた。】つづきはこちらから


●グーグル提供広告