« 『年報 福永武彦の世界』第2号 | メイン | 原道生・河合眞澄・倉員正江編『西鶴と浮世草子研究 第五号 特集[芸能]』 (笠間書院) »

2011年5月26日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●光野石見歌集『勿忘草(わすれなぐさ)』(ふらんす堂)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

光野石見氏よりいただきました。

7814-0358-8.jpg

●公式サイトはこちら

光野石見歌集『勿忘草』(わすれなぐさ)[9784781403588]
販売価格: 2,600円 (税込)

◆第一歌集
私の短歌とは 詩の花に
剃刀を振るって 刈り取り
美の壺に 生けたものである

◆収録作品より
身を裂かるオルペウスの仔ムサイオス我に教えよ現世の神話
死者の目の瞳に残る絶望はうつろに燃ゆる火の細密画
維盛は熊野に詣で青海波身を投じたる死の都ウィーン
恋人の接吻の至福も球形のガラスの中の恋の儚さ
床急ぎ隠れられたる夜の月我が胸に散る弥生の桜
恋人の記憶の失せし青年に思い起こさすロサリアの笞
この身をば思ひ焦がれて焼き殺す女の恋に抱かれてみたい
青空や哀しくも無き涙かな遠き昨日にうたかたの明日
不条理な愛に耽る腐女子らは積荷を燃やす少年の同性愛
女と男の熱情の果てに何処で交わるソドムとゴモラ

*

[みつのいわみ]
装丁:奥川はるみ
四六判上製カバー装
246頁
2011.04.17刊行


●グーグル提供広告