« 尾道大学芸術文化学部「芸術文化学部 紀要」第10号・平成22年度 | メイン | 第64回 学習院大学史料館講座「日本美術史 三粋人饒舌(さんすいじんじょうぜつ) 水墨画・琳派・浮世絵の魅力」(平成23年6月4日(土)) »

2011年5月25日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●古銭:14世紀のベトナム貨幣 函館の学生サークルが発見(毎日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【函館高専(北海道函館市)の学生サークル「埋蔵文化財研究会」が、60年前に知内町で発見された「涌元(わきもと)古銭」の中に、14世紀のベトナム陳朝が鋳造した貨幣「開泰元宝(かいたいげんぽう)」が1枚あることを突き止めた。日本でこの古銭が出土したのは初めてで、メンバーは「当時、北海道と東南アジアを結ぶ海の道があったのでは」と思いをはせる。】
つづきはこちらから。毎日新聞


●グーグル提供広告