« 圷美奈子著『清少納言』[コレクション日本歌人選](笠間書院) | メイン | 國生雅子著『北原白秋』[コレクション日本歌人選](笠間書院) »

2011年5月18日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●岡本聡著『香川景樹』[コレクション日本歌人選](笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

6月8日発売予定です(取次搬入)。

70616_k.jpg

コレクション日本歌人選 016
香川景樹[岡本聡著]

ISBN978-4-305-70616-4 C0092
定価:本体1,200円(税別)
四六判・並製・122ページ

うたの森に、ようこそ。
柿本人麻呂から寺山修司、塚本邦雄まで、日本の代表的歌人の秀歌そのものを、堪能できるように編んだ、初めてのアンソロジー、全六〇冊。「コレクション日本歌人選」の第4回配本、香川景樹です。

景樹の和歌観を要約すれば、現代に生きている人間として折にふれ、ことにふれて心に感じたことを、そのまままっすぐに、平常使っている言葉によって表現すれば、それが歌だ、ということになる。----林達也

香川景樹(かがわかげき)
江戸時代後期、明和から天保期にかけて活躍した歌人。小沢蘆庵(ろあん)の影響を受け、実物実景を重視した独自の歌論「調べの説」を提唱した。万葉の古調にも伝統歌学にも拘(かかわ)らず、古今風を標榜(ひょうぼう)する景樹の歌は、江戸派の村田春海(はるみ)・加藤千蔭(ちかげ)から「筆のさが」という歌論で非難を浴び、「大天狗」「切支丹」などとそしられた。しかし、しだいに門弟を増やし、彼の率いる桂園派(けいえんは)は、晩年には門弟一千人を数えるまでに拡大した。その歌風は明治時代の御歌所(おうたどころ)派までつながっている。

-----------
●シリーズ全体像を説明したPDFはこちら
http://kasamashoin.jp/shoten/kajinsen.pdf
シリーズ特設サイトはこちら
●「コレクション日本歌人選」パンフレット(上記PDF)を無料でお送りいたします。
※こちらのフォームで、「コレクション日本歌人選」パンフレット、希望として、ご請求ください。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
-----------

【著者プロフィール】
岡本聡(おかもと・さとし) Okamoto Satoshi
* 1966年三重県生。
* 中央大学大学院修了。博士(文学)。
* 現在 中部大学人文学部准教授。
* 主要編著書・論文
『木下長嘯子研究』(おうふう)
『近世初期諸家集 上・下』(古典文庫)
『長嘯子後集』(古典文庫)
『越中の歌枕』(桂書房、共編)
『伊達政宗公集』(古典文庫、共編)
『兼載独吟「聖廟千句」第一百韻を読む』(和泉書院、共編)
「『鳥虫あはせ』をめぐって」(『近世文芸』第65号)

-----------
■ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-70616-4.html
。または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
-----------

【目次】
01 大比叡や小比叡のおくのさざなみの比良の高根ぞ霞みそめたる
02 惜しみても鳴くとはすれど鶯の声のひまより散る桜かな
03 闇よりもあやなきものは梅の花見る見る月にまがふなりけり
04 柴の戸に鳴きくらしたる鶯の花のねぐらも月やさすらむ
05 大堰河かへらぬ水に影見えて今年もさける山桜かな
06 池水の底に映ろふ影の上にちりてかさなる山桜かな
07 この里は花散りたりと飛ぶ蝶の急ぐかたにも風や吹くらむ
08 筏おろす清滝河のたきつ瀬に散りてながるる山吹の花
09 なれがたく夏の衣やおもふらむ人の心はうらもこそあれ
10 武蔵野は青人草も夏深し今咲く御代の花の影見む
11 夜河すとたく篝火は後の世の影水底に映るなりけり
12 陽炎のもゆる夏野の沢水に夜たつ影は蛍なりけり
13 夏川の水隈隠れの乱れ藻に夜咲く花は蛍なりけり
14 風わたる水の沢瀉影見えて山沢隠れ飛ぶ蛍かな
15 打ちかはす雁の羽かぜに雲消えて照りこそまされ秋の夜の月
16 蝶の飛び花の散るにもまがひけり雪の心は春にやあるらむ
17 埋火の匂ふあたりは長閑にて昔がたりも春めきにけり
18 埋火の外に心はなけれどもむかへば見ゆる白鳥の山
19 ゆけどゆけど限りなきまで面白し小松が原のおぼろ月夜は
20 昨日今日花のもとにて暮らすこそわが世の春の日数なりけれ
21 酔ひふして我ともしらぬ手枕に夢の胡蝶とちる桜かな
22 蝶よ蝶よ花といふ花の咲くかぎり汝がいたらざる所なきかな
23 白樫の瑞枝動かす朝風に昨日の春の夢はさめにき
24 水鳥の鴨の河原の大すずみ今宵よりとや月も照るらむ
25 見わたせば神も鳴門の夕立に雲たちめぐる淡路島山
26 わが宿にせき入れておとす遣水の流れに枕すべき比かな
27 夕日さす浅茅が原に乱れけり薄紅の秋のかげろふ
28 朝づく日匂へる空の月見れば消えたる影もある世なりけり
29 富士の嶺を木間木間にかへり見て松のかげふむ浮島が原
30 敷島の歌のあらす田荒れにけりあらすきかへせ歌の荒〓(木+巣)田
31 嵯峨山の松も君にし問はれずは誰にかたらむ千世の古事
32 親しきは亡きがあまたに成りぬれど惜しとは君を思ひけるかな
33 おのが見ぬ花ほととぎす月雪を四の緒にこそ引きうつしけれ
34 かへりみよこれも昔は花薄まねきし袖の名残なりけり
35 古りにける池の心はしらねども今も聞ゆる水の音かな
36 水底に沈める月の影見ればなほ大空のものにざりける
37 濡らさじとくれしこれすら煩はし受けらるべしや天の滴り
38 世の中にあはぬ調べはさもあらばあれ心にかよふ峰の松風
39 かの国の花に宿りて思ふらむこの世は蝶の春の夜の夢
40 馬くらべ追ひすがひてぞ過ぎにける月日の逝くもかくこそありけれ
41 人の世は浪のうき藻に咲く花のただよふほどぞ盛りなりける
42 嬉しさを包みかねたる袂よりかなしき露のなどこぼるらむ
43 花とのみ今朝降る雪のあざむきてまだしき梅を折らせつるかな
44 花見むと今日うち群れて乗る駒も大空の青春の日のかげ
45 菜花に蝶もたはれてねぶるらん猫間の里の春の夕ぐれ
46 紙屋川おぼろ月夜の薄墨にすきかへしたる浪の色かな
47 世の中はおぼろ月夜をかざしにて花の姿になりにけるかな
48 双六の市場はいかに騒げとか降りこぼしける夕立の雨
49 闇ながら晴れたる空のむら時雨星の降るかと疑はれつつ
歌人略伝
略年譜
解説「桂園派成立の背景 香川景樹」(岡本聡)
読書案内
【付録エッセイ】景樹の和歌論(林達也)


●グーグル提供広告