« 関東大震災後、直木三十五ら支援の色紙 30枚見つかる(朝日新聞) | メイン | 東日本大震災 地震記録から見た震災 歴史学者・磯田道史(茨城大准教授)(産経新聞) »

2011年5月 8日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●東海・東南海・南海地震 1361(康安元/正平16)年に関西に大津波襲来か@法隆寺の古文書解析→『太平記』の記述と符合(天漢日乗)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

天漢日乗にて、東大の都司嘉宣准教授の調査で1361(康安元/正平16)年に関西に大津波が襲来したことが分かったという、神戸新聞の記事にあわせて、太平記卷 第三十六大地震夏雪事を紹介。
詳細は以下からご覧ください。

東海・東南海・南海地震 1361(康安元/正平16)年に関西に大津波襲来か@法隆寺の古文書解析→『太平記』の記述と符合(天漢日乗)


●グーグル提供広告