益田勝実先生追悼特別号の『日本文学誌要』第83号(法政大学文学部日本文学科)が刊行に

公式サイトでは【少々遅くなりましたが、法政国文学会よりお知らせ致します。『日本文学誌要』第83号が3月24日に発刊されました。本号は、2010年2月6日に逝去された益田勝実元教授の追悼特別号となっており、多くの方から追悼文を賜りました。故益田先生のご功労・ご功績に敬意を表しますとともに、ここに改めて先生のご冥福をお祈り申し上げます。】と紹介されている。
公式サイトはこちら
追悼文として、以下が掲載されています。
春靄の光景 (鈴木日出男)
益田先生、有難うございました。 (勝又 浩)
益田勝実先生ありがとうございました (西野春雄)
益田さんの文章とコーヒーと中国文学 (安藤信廣)
益田先生のこと (田中単之)
先生の手 (浜田弘美)
一九六〇年六月十五日の益田勝実 (糸井 久)
師父  (成島知子)
〈学習の創造〉というロマン  (幸田国広)
春日野の、飛火の野守出でて見れば、いまいく程ぞ若菜摘む (今泉隆裕)
また、本号には、目次によると、「追悼 表章先生  (西野春雄)」も収録されている。