「3.11」後の歴史学研究会の責務(歴史学研究会)

歴史学研究会が、2011年度総会で採択した決議、『「3・11」後の歴史学研究会の責務』を公表しています。
【2011年3月11日に発生した東日本大震災と大津波、またそれに引き続く東京電力福島第一原子力発電所における事故は、かつてなく深刻な事態を引き起こしている。無数の生命が失われ、生活が破壊された。歴史学研究会は、犠牲者の方々に哀悼の意を表し、被災された方々にお見舞いを申し上げる。同時に、歴史学の担い手としての社会的責任の自覚に立ち、以下の見解を表明する。】
●詳しくはこちら。
http://rekiken.jp/appeals/appeal20110521.html