第20回柿衞賞に竹島一希氏(立命館大学非常勤講師)(柿衞文庫)

40歳未満の新進俳文学研究者に贈る「柿衞賞」の第20回受賞者に立命館大学非常勤講師の竹島一希氏(京都府在住)が選ばれました。
対象となった研究は、受賞対象研究は「宗牧と宗長」。【宗長と宗牧について、具体的な句の分析から作風を読み取り、連歌史の中での作風の転機を浮かび上がらせ、宗祇以降の連歌史を考える上で、踏まえるべき重要な指摘を提示。】とされています。
柿衞文庫による公式発表はこちら。平成23年6月5日(日)に竹島一希氏による記念講演が開催される模様です。また、当日は、 「20回を迎える柿衞賞」として、大阪大学名誉教授 島津忠夫氏の特別講演もあります。