« 『京都大学 国文学論叢』第25号 | メイン | 古辞書研究会編『日本語と辞書 第十六輯』(古辞書研究会発行) »

2011年5月11日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第139号』(平成23年3月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北海道大学国語国文学会より頂きました。

0289-0488-139.jpg

●公式サイトはこちら

北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第139号』
平成23年3月28日発行・A5判並製・80頁

【目次】
三巻本『枕草子』「また、業平の中将のもとに」の段をめぐって
 ―章段配列との関わりから― /石垣 佳奈子
『今とりかへばや』の恋する帝をめぐる一考察/片山 ふゆき
小説家という地位をめぐる闘争
 ―逍遙と龍渓、そして鉄腸―/浅野 正道
「ノダ」の認識モダリティ機能/中野 友理
平安時代における常用字と常用訓
 ―「常用漢字表」所載の名詞を中心に―/ゼイ 真慧

〒060-0810 札幌市北区北十条西七丁目
北海道大学大学院文学研究科内
北海道大学国語国文学会


●グーグル提供広告