外奎章閣図書:フランス軍はなぜ儀軌を持ち去ったのか(朝鮮日報)

【「閣下、極めて重要と見られる書籍がぎっしりと詰まった図書室(外奎章閣〈朝鮮時代、歴代国王に関する文書を保管した「奎章閣」の付属図書館〉のこと)で、念入りに包装した340巻余りを収集しました。準備が整い次第、フランスに発送します」「通訳がおらず、確認はできませんが、これらの書籍は朝鮮の歴史、文学、伝説について多くのことを明らかにしてくれるものと期待します。閣下は間違いなく、国立図書館の蔵書とする価値があると判断なさるでしょう」】
つづきはこちらから。朝鮮日報