東京で著述生活へ ドナルド・キーン教授、4月末に退職(朝日新聞)

【日本文学研究で知られるドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授(88)が4月末で教壇を去ることになった。今後は住まいを東京に定め、念願だった著述専心の生活を始める。】
つづきはこちらから。朝日新聞