« 日本文化の奔流 第26回 財団法人陽明文庫 文庫長 名和修さん(読売新聞) | メイン | 朝日新聞(2011.4.24)で「コレクション日本歌人選」が紹介されました »

2011年4月25日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●福岡大学「日本語日本文学」第20号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

福岡大学日本語日本文学会さまよりいただきました。

0918-1652-20.jpg

福岡大学日本語日本文学第20号
A5判・並製・110ページ
2010年12月25日発行
福岡大学日本語日本文学会 代表者・江口正

福岡大学日本語日本文学会

【目次】
芥川龍之介「文芸的な、余りに文芸的な」注釈(1)
 /三嶋 譲・原 明子・宗 新悟・有吉貴紀・武藤ゆう
宮沢賢治童話「やまなし」論/渡部祐太
遠藤周作における「疲れ」の表現--初期作品を中心として--/武藤ゆう
遠藤周作初期キリスト教文学における「弱者」(1)
 --『沈黙』のキチジローへ至る道--/マルセロ・オラノ
「つくづく」考/臼井紫薫
「心地こそすれ」と「物にぞ有りける」--形式と詠作主体--/越智圭子


●グーグル提供広告