歴史資料ネットワークが被災地域の方々へ「歴史資料保全についてのお願い」。お気軽にご相談くださいとのこと。

●東北地方太平洋沖地震被災地域の皆さまへ 歴史資料保全についてのお願い
【これまでも大規模な災害が起きるとそれを契機に家や蔵、公民館や集会所などに古くから保管されていた歴史資料が盗難にあったり、被災地の混乱につけ込んで売られたり、捨てられたりすることが多く、それにより、家族や地域の大切な記憶が失われてしまうということが起こっています。生活の再建など大変な時期かと存じますが、家族や地域の記憶をつないでいく歴史資料の保全をお願いする次第です。水濡れ、保存方法、保管場所など、歴史資料についてお困りの際は、下記の歴史資料ネットワークまで、メール、電話、FAXで気軽にご相談ください。】とのこと。上記公式サイトでご確認ください。