被災地域の大学在学者等に対して、九州大学附属図書館等が同大学在学者と同等のサービス提供を発表(カレントアウェアネス・ポータル)

【九州大学附属図書館が、東北地方太平洋沖地震の被災地域の大学に通う学生または入学予定の学生に対して、九州大学の学生と同等のサービスを提供すると発表】。
疎開する学生の増加も予想できるので、全国の図書館で同様なサービスが充実していくといいですよね。
●被災地域の大学在学者等に対して、九州大学附属図書館等が同大学在学者と同等のサービス提供を発表(カレントアウェアネス・ポータル)
http://current.ndl.go.jp/node/17779