« itunesで米国赤十字社を通じて、寄付金の送金が可能に | メイン | 伊井春樹編『日本古典文学研究の新展開』(笠間書院) »

2011年3月16日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●被災地域の大学在学者等に対して、九州大学附属図書館等が同大学在学者と同等のサービス提供を発表(カレントアウェアネス・ポータル)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【九州大学附属図書館が、東北地方太平洋沖地震の被災地域の大学に通う学生または入学予定の学生に対して、九州大学の学生と同等のサービスを提供すると発表】。
疎開する学生の増加も予想できるので、全国の図書館で同様なサービスが充実していくといいですよね。

●被災地域の大学在学者等に対して、九州大学附属図書館等が同大学在学者と同等のサービス提供を発表(カレントアウェアネス・ポータル)
http://current.ndl.go.jp/node/17779


●グーグル提供広告