« 第19回やまなし文学賞、研究・評論部門で戸松泉氏、斎藤希史氏が受賞 | メイン | 「動画で見る岩瀬文庫/岩瀬文庫の世界」というサイトが公開に »

2011年3月 3日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●山本周五郎の未完成小説、5日から公開 「官能」に挑んだ野心作(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【 『樅(もみ)ノ木は残った』などで知られる作家、山本周五郎(1903~67年)が亡くなる前年に書いた未完成作品が神奈川近代文学館(横浜市中区)で5日から一般公開される。抑制された筆致で男女の営みをそこはかとなくにじませてきた周五郎が、「ぬれ場」をより直接的に描こうとした野心作で、時代小説の大家の新たな一面をうかがわせる興味深い資料といえる。(海老沢類)】
つづきはこちらから。産経新聞


●グーグル提供広告