『International Journal of Okinawa Studies』通巻2号(琉球大学)に、島村幸一『『おもろさうし』と琉球文学』の書評が掲載されました

『International Journal of Okinawa Studies』通巻2号(琉球大学)に、島村幸一『『おもろさうし』と琉球文学』の書評が掲載されました。評者は波照間永吉氏です(122-128ページ)。
●島村幸一『『おもろさうし』と琉球文学』(笠間書院)
掲載誌をいただきました。
2185-4882-2-1.jpg
琉球大学国際沖縄研究所
B5判・並製・2010.12.24
論文目次
てだがあなの王宮–沖縄の墓と王陵の思想–●安里 進
琉球王府の雨乞儀礼●山里純一
琉球諸語に活用型形容詞は存在するか?
 –伊良部島方言の場合–●下地理則
Accounting for Transient Hopes:The French Involvement in
Shimazu Nariakira`s Plan to Open Trade with West in Ryukyu
●Patrick Beillevaire
Determining Oceania:A Commentary on Indigenous Struggles in
Guam and Okinawa●Keith L. Camacho and Wesley Iwao Ueunten