鈴木健一編『鳥獣虫魚の文学史 獣の巻 日本古典の自然観1』(三弥井書店)

鈴木健一氏よりいただきました。
tyoujyu 1.jpg
●公式サイトはこちら
『鳥獣虫魚の文学史 獣の巻 日本古典の自然観1』
編者 鈴木健一編
本体価格 2800円
ISBN978-4-8382-3206-2
発行年月 平成23年3月
判形・製本 A5判・並製
古典文学作品の中で鳥、獣、虫、魚がいかに表現され、どのような存在として描かれたのか、いきものに焦点をあて、文学史の構築を試みた本邦初の書!人間存在を鳥獣虫魚の側から逆照射することによって古典文学における鳥獣虫魚と人間との関係性の変遷を明らかにする。獣の巻は『古事記』因幡の白兎から『南総里見八犬伝』の犬まで、親愛と畏怖を縦糸に「神との回路」「人の心の鏡」を横糸にして織り上げられた、人間と動物をめぐる文学のアラベスク。