石井鶴三の遺品に晶子や介山からの手紙(朝日新聞)

信州大の松本和也准教授のコメントあり。
【洋画や彫刻で活躍した芸術家・石井鶴三(つるぞう)の遺品から、鶴三が挿絵を手がけた作家たちの手紙が多数見つかった。与謝野晶子や尾崎士郎が挿絵を頼む一方、新聞に連載された『大菩薩峠』の著者・中里介山が鶴三の挿絵展開催に反対するなど、手紙から鶴三と作家たちの関係が浮かび上がってくる。 】
つづきはこちらから。朝日新聞。